9日午前0時45分ごろ、沖縄市明道の市道で「自分の車や近くに止められている車のワイパーやミラーが壊されている」と110番通報があった。駐車車両7台に被害があり、沖縄署が器物損壊事件として捜査している。関係者によると、現場付近では約1年前にも同様の被害があり、沖縄署が関連を調べている。

 同署の調べでは、車両は8日午後5時ごろから9日午前0時半ごろまでの間に壊された。市道には付近の飲食店従業員らの車7台が縦列駐車されていたが、すべての車が、何者かによってワイパーやナンバープレートの一部がねじ曲げられ、サイドミラーがねじり取られるなどの被害に遭った。

 同署によると、現場は人通りも少ないため、目撃証言は乏しく、同署が付近の防犯カメラの分析や聞き込み捜査などを続けている。