12日午後3時ごろ、沖縄県大宜味村津波の平南川の上流にある「ター滝」周辺にいた米軍関係者ら18人が大雨による川の増水で動けなくなった。国頭地区消防本部が救助にあたり、午後7時21分、全員を救助した。

増水や事故の危険性を呼び掛ける看板=大宜味村津波・ター滝

 午後3時7分に嘉手納基地を通じて、国頭地区消防本部に119番で救助要請があった。

 同日夕、国頭消防の救助隊が全員の無事を確認。1人1人を救助し、約4時間半かけて全員を救助した。午後7時ごろ、子どもと一緒に救助された外国人とみられる母親は「高いところに登れたので良かった。救助に感謝している」と語った。