2012年3月に完成した。400メートルトラックのほか、競技場の外周にもゴムチップ舗装された約614メートルのコースがあり、早朝から夜間まで町民らがジョギングやウオーキングで利用する。

気分転換のジョギングを楽しむ上原竜作さん(右)と上原真さん=金武町金武・町陸上競技場

気分転換のジョギングを楽しむ上原竜作さん(右)と上原真さん=金武町金武・町陸上競技場

 陸上競技場は金武町体育施設の1施設で、近くには体育館やテニスコート、野球場、公園なども整備されている。

 陸上競技場にある照明は毎日点灯しており、日が沈んで以降の利用も可能。小雨が降った夜にもジョギングやストレッチをする姿が見られた。

 糖尿病にかかり、体力づくりのために10年以上ウオーキングを続けているという町内の72歳の男性は「ほぼ毎日、朝夕2回、400メートルトラックを4~5周する。舗装されていて歩きやすく、血の流れが良くなり体も温まる」と話し、自分のペースでゆっくりと歩いていた。

 金武町金武にある琉球リハビリテーション学院に通う友人同士の上原竜作さん(21)と上原真さん(21)は最近、勉強の合間に気晴らしで競技場を走り始めた。1時間かけて、外周を10周する。2人は「理学療法士の国家試験に向けて毎日朝から勉強していて、気分転換に走っている。これから毎日続けたい」と語った。

 [メモ]入場無料。競技場の全面使用などは有料。駐車場、トイレ、自動販売機あり。問い合わせは金武町体育施設係、電話098(968)6990。