【宮古島ワイドーマラソン取材班】第25回宮古島100キロワイドーマラソン大会(主催・宮古島市、沖縄タイムス社)が11日、同市下地公園をゴールに5部門で行われた。100キロ男子は三輪翔太郎(24)=熊本県=が7時間49分48秒で初出場初優勝。女子は山澤洋子(47)=茨城県=が8時間29分8秒で大会最多の12連覇を果たした。

一斉にスタートする100キロの部の参加者=11日午前5時すぎ、宮古島市・下地公園(国吉聡志撮影)

 100、50、23、10、2キロの5部門に計1468人が出場、1194人が完走した。完走率は81・34%だった。702人が走った100キロは、510人がゴールし、完走率は72・65%だった。