女子は粘りの松島が、神森との大一番を制し、初の栄冠に輝いた。試合を決めた大山紗彩は「絶対に決めるから上げてと、セッターの大嶺莉音にお願いした」と予告通りにスパイクを決めて満足げだった。 第1セットは接戦が続き、25-25でジュースに突入。だがメンバーは平常心を保ち続けた。