未来の“ノーベル賞候補”と世界から注目を集める北谷町出身の工学博士がいる。早稲田大学人間科学学術院助教の玉城絵美さん(30)だ。開発した装置「PossessedHand(ポゼストハンド=操られる手の意)」によって、コンピューターで人の手を自由に動かせるようになった。