【神戸市で内間健】「つるをつなぐたんびに 人が生きかえったら どんなにいいだろう」-。阪神大震災から17日で20年となるのを前に、神戸市長田区の真陽小学校で13日、那覇市出身の山田かのこさん(29)の詩「つる」が朗読された。