【東京】政府は14日、2015年度予算を閣議決定し、沖縄振興予算として3340億円を計上した。14年度比で162億円(4・6%)の減で昨夏の概算要求額3794億円からは454億円の減額となった。政府は減額理由として厳しい財政状況や県の予算執行率の低さなどを挙げるが、仲井真弘多前知事時代の14年度は概算要求を上回る3501億円を計上しており、辺野古移設に反対する翁長雄志知事をけん制する狙いもある。