【東京】政府が14日閣議決定した2015年度予算案で、防衛省は米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設費として1735億5300万円を計上し、前年度比で大幅に増額した。埋め立て部分の本体工事となる護岸や仮設道路建設費などが含まれる。

 14年度の予備費や補正予算で、防衛省が移設関連経費としてすでに確保した842億円と合わせ、本格的な工事を進める方針だ。

 辺野古移設の進捗(しんちょく)に応じて支払われる再編交付金は40億8800万円、嘉手納基地より南の施設の土地の返還にかかる経費として89億1800万円を計上した。