【東京】政府が14日に閣議決定した2015年度の予算案で、防衛省は過去最高の4兆9801億円を計上した。米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設事業費は1735億5300万円で、本年度全体の移設経費(843億円)のほぼ倍額を確保した。埋め立ての護岸や仮設道路建設など、本格的に海上の本体工事に着手する。