2015年度の沖縄振興予算案の閣議決定を受けて、県経済界は前年度比で162億円減少したものの「主要プロジェクトが継続され、必要な額は確保された」と一定、評価する声が上がった。