【豊見城】翔南製糖(仲里源勇社長)が15日、豊見城市長堂の同社工場で、「さとうきび搬入開始式」を行い、2014―15年期の分蜜糖生産を始めた。北中城・宜野湾以南を管内とする同社のサトウキビ生産量は9万679トン(前期比6132トン増、7・2%アップ)、産糖高は1万700トン(同734トン、7・3%アップ)を見込んでいる。15日午後、うるま市の球陽製糖も操業を始める予定で、本島はサトウキビの出荷シーズンを迎えた。

翔南製糖が操業を開始。本島でもサトウキビの出荷シーズンに入った=15日午前8時20分ごろ、豊見城市長堂の同社

 開始式で仲里社長は「昨年10月の台風19号による塩害が懸念されたが、予想以上に回復した。無事故で操業を終えたい」とあいさつした。