【東京】沖縄の本土復帰前の1965年8月、佐藤栄作首相の沖縄訪問時の演説内容について、沖縄の軍事的な重要性や日本防衛の重要性を盛り込むよう米側が日本側に強く求め、修正させていたことが15日公開の外交文書で明らかになった。米軍基地の存在意義を日本国民に示し、基地の安定・継続した活用を望む米側の思惑が浮かび上がる。

佐藤栄作元首相

 日本側は当初、修正を困難視したが、結果的に「極東の平和と安定のために、沖縄が果たしている役割は極めて重要」と一文を挿入した。佐藤氏は8月19日、国映館であった琉球政府主催の歓迎会で演説した。

 演説2日前の17日付の文書は東京の米大使館と外務省担当者の協議で、米側は「沖縄が日本の防衛にとって重要だと認識する趣旨を首相が述べること」を強く要望。21日付の極秘文書では、演説前日の18日午前、米側は首相演説の内容が「米国の沖縄施政に対し軽蔑」「このままの演説なら日米協力関係に障害があり得る」と外務省に伝達したと記されていた。

 そのため、日本側は沖縄の安全保障上の役割の重要性などを国映館演説に追加すると応じ、18日中に変更案を米側に手交。佐藤氏は沖縄で9回演説に立ち、国映館演説だけ修正した内容で演説した。

 一方、日本側は当初案になかった「沖縄の祖国復帰が実現しない限り、わが国にとって戦後が終わっていない」との有名な一節を盛り込み、返還の決意をアピールした。