政府は、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する翁長雄志知事との対話を拒み、海上作業を再開したことで対立姿勢を鮮明にした。沖縄の民意を踏みにじる強行に県内の反発は強まるが、翁長氏は政府と決定的に反目することを避けている。