【名護】稲嶺進名護市長は15日、辺野古の海上作業再開を受けて「権力を振りかざし、抗議する県民を排除しながら強行に進める政府のやり方は、憤りを超えて情けなくなる」と述べた。工事に必要な市との協議が何一つ整っていないとして「そのまま埋め立て工事が進められるということには絶対にならない」と強調した。