辺野古の海上作業再開を受け、翁長雄志知事は15日、「大変残念。あらゆる手法を駆使して辺野古に新基地を造らせないという選挙公約の実現に全力で取り組みたい」と述べた。沖縄防衛局が辺野古沿岸で予定するフロート(浮具)設置が、沖縄県の許可の対象になる可能性があるとして、防衛局に問い合わせるとともに、その結果が出るまで作業を見合わせるよう求める考えなどを示した。

海上作業再開で記者団の質問に答える翁長雄志知事=15日午後、沖縄県庁

 昨年11月に新基地建設反対を掲げて当選後、関係閣僚との会談がかなわない中での再開に「もうちょっとしっかりと意見交換する中から、こういったことを考えてもらいたいと思っている」と不快感を示した。

 また取り消しや撤回を視野に埋め立て承認を検証する専門家チームを1月中旬に発足させる方針を重ねて示す一方、検証が終了するまでの海上作業中断を求める考えについては「検証チームの議論の中で判断したい」と述べるにとどめた。