名護市辺野古の新基地建設に向けた埋め立て工事の変更申請で、沖縄防衛局は15日、沖縄県が承認・不承認を判断していない残る1件の「土砂運搬方法の変更」を取り下げる文書を県に提出した。建設に反対する翁長雄志知事が申請を不承認にする可能性が高いとみて判断したとみられる。

 防衛局は、昨年11月に取り下げた「美謝川の水路変更」とともに、内容を精査した上で再申請する方針。取り下げの理由は「県の理解が得られておらず、早期の承認が見込めない状況」と説明した。

 防衛省関係者は「当面は変更申請に関係ない海上工事を進める。取り下げが工期に与える影響は限定的だ」との認識を示した。