【東京】中谷元防衛相は16日の閣議後会見で、名護市辺野古の新基地建設に向けた工事再開について「必要な準備が整ったので開始した。一日も早く移設が進むよう工事している」と述べた。翁長雄志知事との面会については「いずれかの時期に話す必要はあるが、政府で対応について調整している」と述べた。

 工事の変更申請取り下げについては「県の理解が得られず承認が認められないと判断した」と説明。再提出については「適切な時期に検討したい」と述べた。

 工事再開で反対する市民と警察がもみ合う状況については「非常に遺憾。法律に基づいて作業している。ケガ人や逮捕者が出ないようにしてもらいたい」と要請した。