阪神大震災から1年を前に、那覇市立城北小学校4年4組33人が作った千羽鶴と応援の文集と、女児がつづった鎮魂の詩「つる」。贈り先の神戸市長田区の真陽小で詩を読んだ当時4年の榊原康史さん(29)は胸を熱くし、歌になりCDに収録する際にバックコーラスを務めた。