【南城】沖縄県産食材の利用拡大を目指す県の「産地視察ツアー」が14日、南城市内の畑などで行われた。地産地消に取り組む「おきなわ食材の店」登録店などの6業者12人は、南城市のクレソン、パパイア畑を見学。市内業者が加工したイカのタコライス、クレソンを練り込んだ麺などを試食した。参加者は「産地を見ることは、調理する際の刺激にもなる。セーイカの茶わん蒸しの発想が新鮮だった」と、手応えを感じた様子だった。

県産食材の利用拡大を目指す「産地視察ツアー」で、南城市で生産・加工された食品を試食する飲食店の職員ら=14日、南城市知念久手堅の「がんじゅう駅・南城」

 同ツアーは、飲食店側が生産現場を見ることで農作物の魅力を知り、農家と直接つながることで地産地消を促そうと、県流通・加工推進課が企画。食と観光を結ぶ事業に、市観光協会が力を入れていることから、登録店向けの初のツアーを同市で行った。

 一行は那覇市内からバスで出発。南城市知念志喜屋のクレソン畑では、担当者が「地下に浸透した雨水が太陽に照らされず、流水で、冷たいまま湧き出ることで、クレソンの成長を促している」「エビやイモリも畑に生息する、安全な環境で栽培されている」と市内産の魅力を説明した。

 がんじゅう駅・南城で開かれた試食会では、セーイカで作ったタコライスを食べた女性が「歯応えもあり、ミートで作るよりおいしい」と感想。クレソンを使った麺には「サラダにも混ぜられますか」などの質問も出た。