米軍普天間飛行場の返還に伴う、新基地建設の作業が進む名護市辺野古のキャンプ・シュワブ前では17日午前も市民らによる抗議行動が行われ、24時間体制での警戒が続いている。

キャンプ・シュワブのゲート前に座り込み、海上作業再開に抗議する市民ら=17日午前8時すぎ、名護市辺野古

 午前10時過ぎ、新ゲート前に集まった市民ら約60人が座り込み、「埋め立て反対」「美ら海守るぞ」とシュプレヒコール。現時点では、機動隊や警察官との衝突はない。