キングスは6人が2桁得点する一丸攻撃で、奈良に圧勝した。試合を通して守備が機能する中で、岸本隆一の3点弾、ドゥレイロン・バーンズのドライブが決まった。並里成はミドルをねじ込み、山内盛久はスチールを決める。コート上の選手それぞれが持ち味を発揮した。