【中部・北部】サイクリングイベント「第6回美ら島オキナワセンチュリーラン2015」(主催・同実行委員会、特別協力・沖縄タイムス社、琉球放送)が18日、恩納村コミュニティーセンターを発着点に、中北部9市町村を舞台に開かれた。

元気よくスタートするシーサイドコース(100キロ)の参加者=18日午前、恩納村コミュニティーセンター(金城健太撮影)

 「日本一早い桜と、碧い海を走る」をキャッチフレーズに、160キロのセンチュリーに867人、100キロのシーサイドに967人、50キロのめんそーれに331人が申し込み、過去最多の計2165人がエントリー。

 あいにくの曇り空だったが参加者は、ひんやりとした風を受けて軽快にペダルを踏み、それぞれのコースの桜や海などの景色を味わいながらサイクリングを楽しんだ。