バスケットボールの第33回小橋川寛杯争奪高校生選手権大会最終日は18日、県総合運動公園体育館で男女決勝リーグを行い、女子は3チームが2勝1敗で並び、得失点率で前原が初優勝した。男子は興南が、2勝同士で迎えた小禄との最終戦を81-79で下し、2年連続10度目の優勝を飾った。

 男女4強は、九州大会(2月・熊本)に派遣される。