重量挙げの第23回全九州高校選抜大会最終日は18日、熊本県立八代農業高校体育館であり、男子105キロ級の棚原幹善(沖縄工)、同105キロ超級の宮城昌義(同)、女子63キロ級の玉那覇留以(宮古総)、同75キロ超級の島袋美咲(沖縄工)の4選手が優勝した。学校対抗では沖縄工が38得点で4年ぶり2度目の優勝を果たした。糸満が1点差で2位だった。