宜野湾市のコールセンターの解雇問題をめぐり、労働組合側は解雇撤回や賃金補償を会社側に求めているが、法的な救済への道筋は険しい。いわゆる「ブラック企業」という理由だけで自動的に従業員が救済されるわけではなく、解雇の「違法性」が焦点。