男子興南は2勝対決となった昭薬付戦で、0-1から中堅・八重尾紘平、副将・長濱潤主将、大将・島尻知明が3連勝して逆転勝ちした。3年ぶりの栄冠に、長濱主将は「絶対に全国切符を取ろうと思っていた。チーム一体で勝つことを意識した」と汗をぬぐった。 澤村卓巳監督が「粘りがある」と評するチーム。