4月に小学校へ入学する子どもたちを祝う「2015ご入学おめでとう大会」(主催・沖縄タイムス社)が18日、名護市民会館で開かれた。新1年生や保護者ら約600人が、講話やコントなどを通して学校生活の心構えを楽しく学んだ。

学校生活の心構えを楽しく学んだ「2015ご入学おめでとう大会」=18日、名護市民会館

 子どもの人権保護活動に取り組むおきなわCAPセンターの奥間智香枝さんは「いいところを探して褒めてあげることが、子どもの自信になる」と講話し、親子の対話の大切さを助言した。

 名護小学校に入学する新城大樹君(6)は「野球部に入りたい。勉強では引き算ができるようになりたい」、嘉手納町の屋良小学校に入学する宮城未徠(みらい)さん(6)は「友達をいっぱいつくります」と心を弾ませた。

 次回は24日がうるま市石川会館、2月11日は那覇市の県立武道館アリーナ棟で開催する。いずれも午後1時半から、入場無料。問い合わせは沖縄タイムス社広告局、電話098(860)3573。