沖縄鮮魚卸流通協同組合(國吉斉理事長)は19日、県産マグロのブランド「沖縄美ら海まぐろ」の認知度を上げて消費拡大を目指すキャンペーンを始めた。応募シールなどを集めると抽選で20キロ相当のマグロが当たる。2月28日まで。

対象商品にシールなどで張られる「沖縄美ら海まぐろ」のロゴ

 沖縄美ら海まぐろは2012年に県が商標登録した県産マグロのブランドで、クロマグロ、メバチ、キハダ、ビンチョウ(トンボ)の4種。沖縄近海などで捕れた天然マグロで鮮度管理や目利きなど一定基準を満たすことが条件。

 キャンペーンは県のマグロ産地OKINAWA認知度向上化事業の一環。那覇市を中心とする量販店や飲食店約100店舗で展開する予定。刺し身など対象商品に付いているシール、食事に添えられているピックを3枚送ると抽選で計10人に旬のマグロが1匹当たる。

 取り扱い店舗などの問い合わせは同組合、電話098(868)1096。