20日は、二十四節気の大寒。一年で最も寒い日とされる。沖縄恩納村名嘉真では青首大根の収穫が本格的に始まり、約2千本が実った東(あずま)守(まもる)さん(64)の畑では19日、農家の友人ら4人が収穫に汗を流した。

青首大根の収穫に精を出す農家=19日午前、恩納村名嘉真(国吉聡志撮影)

 名嘉真の土は細かく軟らかいため、大根は実が詰まって甘く、煮崩れしないと評判だ。東さんは土のついた大根を手に「今年も自信作ができたよ」と喜んだ。

 沖縄気象台によると20日から天気は下り坂になり、22日から24日にかけて気温が平年より下がる見込み。