【名護】名護市辺野古への新基地建設に向け、沖縄防衛局は20日、海上作業を続行した。工事に反対する市民らが船やカヌーに乗って抗議する中、米軍キャンプ・シュワブの大浦湾側沿岸部に新たにブイを設置。19日に設置したやオイルフェンスと固定する作業などを進めている。

19日に設置されたオイルフェンスのそばで抗議活動するカヌー隊=20日午前9時45分ごろ、名護市辺野古沖

 一方、シュワブのゲート前には、島ぐるみ会議のバスで駆けつけた市民ら含め100人以上が集結。工事関係車両の搬入阻止に向けて監視活動を続けている。