北谷町栄口区(島袋艶子自治会長)が買い物や交流の場として、昨年1月から毎週金曜日に開設している「えぐち商店」の初起こしが9日、同区公民館で開かれた。幼稚園児による演技やもちつき大会などで、開店1周年を祝った。

 えぐち商店は、住民が歩いて行ける範囲にスーパーや商店が少ないことから、高齢者などの買い物や交流の場として毎週金曜日午前10時から開店している。同日も、町内外の業者や団体が出店し、キャベツやピーマンなどの野菜や卵などを販売。多くの区民が、買い物に訪れていた。

 セレモニーでは、北谷第二幼稚園の園児らによるダンスが披露されたほか、園児や住民によるもちつきなどが行われた。

 島袋自治会長は「これまであまり公民館に来なかった区民も来るようになり、区民同士の顔が見えるようになった。これからも発展させていきたい」と1周年を喜んだ。