地域を限定して特定事業の規制緩和を推進する政府の国家戦略特区において、県が観光産業の人材確保を目的に、日本で働きながら技術を学ぶ「外国人技能実習制度」の活用を提案していることが20日、分かった。