名護市辺野古の新基地建設に向けた埋め立て承認を検証する「第三者委員会」(仮称)で、翁長雄志知事が当初7月上旬としていた答申予定を前倒しし、検証作業を急ぐ方向で検討に入ったことが分かった。