重さ500キロを超えるとみられるクロカワカジキが12日、沖縄県南城市の馬天港に水揚げされた。同港で早速浜売りされ、肉の塊を求める人々が駆け付け「大きい」と目を丸くした。

重さ500キロを超えるとみられるクロカワカジキと、釣り上げた國吉昌光さん(右)ら=12日、南城市馬天港

 同市の漁師國吉昌光さん(59)、宮城博司さん(35)が10日、久高島南東沖30キロで釣り上げた。生きたカツオに針を付けるカジキ引きでかかり、約4メートルの巨体を2時間かけて引き上げた。

 國吉さんは「船に揚げるのが大変だった」と苦笑い。はかりがなく正確な重さは不明だが、昨年釣り上げた450キロより一回り大きいという。