【石垣】環境省石垣自然保護官事務所は21日、2年前にオニヒトデ駆除作業中のダイバーが偶然、発見した巨大なコモンシコロサンゴの詳細な計測を発表した。八重山ダイビング協会は同データを基に「世界最大のコモンシコロサンゴ」として、ギネスに申請する方針を示した。

世界的にも最大級の可能性がある名蔵湾のコモンシコロサンゴ(濱岡鉄矢さん提供)=2013年12月

 同サンゴは石垣島西部の名蔵湾にあり、上部から見ると楕円(だえん)形で、長さ約24メートル、幅約17メートル、高さ約10メートル。外周は約70メートルに達し、サンゴ群体としても世界最大級の可能性があるという。

 同事務所はサンゴの計測データを3D化し、周囲のサンゴも調査した結果を冊子にまとめた。

 同協会は2013年にもギネスに申請したが、詳細なデータを求められていた。同協会の佐伯信雄環境保護対策委員長は「環境省の詳細な調査のおかげで再挑戦できる。周囲は魚も多く、新たな観光の目玉になる」と期待を込めている。