22日午前11時40分ごろ、米海軍所有の大型貨物船「SGT MATEJ KOCAK」(全長250メートル、4万9千トン)が津堅島の南約5・3キロメートル付近の浅瀬に乗り揚げたと中城海上保安部に通報があった。同部によると、けが人はなく、油の流出も確認されていない。米軍側から「危険物は積んでない」と連絡があったという。

浅瀬に乗り上げた米海軍の貨物船。車両やヘリコプターが搭載されている=22日、津堅島南の現場海域(提供・中城海上保安部)

 第11管区海上保安本部は付近を航行する船舶に注意を呼び掛けている。