プロバスケットボールTKbjリーグの琉球ゴールデンキングスは22日、宜野湾市の球団事務所で、新人選手契約(アーリーエントリー)制度で獲得したガードの津山尚大(18)=北谷中-福岡大大濠高=の入団会見を行った。キングス初の高卒プロ選手となるルーキーは、「周囲に感謝して、まずは試合に出ることを目標に頑張りたい」と決意を語った。

キングスの入団会見で木村達郎代表(左)からユニホームを受け取る津山尚大=宜野湾市の球団事務所

 180センチ、79キロの津山はU-18日本代表にも選ばれ、大濠高ではエースガードを務め、昨年の全国総体、長崎国体の優勝、全国選抜準優勝に貢献した。「小学生からキングスを見ていて、高1から入団するために決心してやっていた」とキングスへの思いを話し、「プロは甘くない。一日の練習を大切に、プレーを見てもらう価値のある選手になりたい」と抱負を語った。