第87回選抜高校野球大会(3月21日開幕、阪神甲子園球場)出場校の選考委員会が23日、毎日新聞大阪本社で開かれ、糸満など出場32校が決まった。

センバツ出場を祝う垂れ幕の前で大会に向け気合を入れる糸満高校野球部員=23日午後、糸満高校

 糸満は2011年夏に続き、2度目の甲子園。春は初出場。県勢としては一昨年の沖縄尚学、昨年の沖尚と美里工の2校同時出場に続き、3年連続のセンバツとなる。

 糸満は、沖縄第2代表で出場した秋季九州大会で準優勝した。初戦の佐賀学園(佐賀1位)を11安打・11得点の七回コールドで撃破し波に乗ると、準々決勝の明豊(大分1位)、準決勝の神村学園(鹿児島1位)をともに延長戦の末に破った。

 九州学院(熊本1位)との決勝は九回に押し出し四球でサヨナラ負けを喫したが、先発のエース金城乃亜が七回まで二塁を踏ませない力投をみせるなど最後まで互角の戦いを演じた。

 11年に巧打者の神里和毅(中大3年)らを擁して甲子園初出場した夏の選手権大会は英明(香川)に1-4で初戦敗退だった。春夏通じて甲子園「1勝」の期待がかかる。

 チームを率いる上原忠監督は前任校を含め通算4度目の甲子園。センバツは初采配となるが「まずは1勝。そこから波に乗っていきたい」と力を込めた。

 組み合わせ抽選会は3月13日に行われる。