【名護】米軍普天間飛行場の名護市辺野古への新基地建設に対し、泊まり込みで抗議を続ける市民らは23日午前も米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議行動を展開。午前11時ごろ、米軍ゲートに入ろうとした資材を積んだ大型トラックや重機など6台を止めようと市民らが車両の前で抗議、機動隊などと激しくもみ合った。その際、男性が右手をケガして病院に行った。

大型車両を止めようと市民が飛び出し、機動隊ともみ合った=23日、午前11時20分ごろ

 ゲート前では午前7時すぎから集会が始まり、穏やかなあいさつが続いていたが、午前11時前、国道をゲートに向かう大型車両を見つけた市民らが一斉に走りだし、車の前に立ちはだかった。機動隊も100人以上が出てきて現場は騒然。搬入を阻止しようとする市民ともみ合い、国道が約30分封鎖された。