県文化観光スポーツ部(湧川盛順部長)が23日発表した2014年の入域観光客数が705万6200人となり、初の700万人台を記録した。国内・海外ともに過去最高の入客数を記録、すべての月で前年実績を上回り、過去最高だった13年の641万3700人を64万2500人(10%)上回り、2年連続の記録更新となった。

 特に外国人観光客数が大幅に伸び、前年比62・2%増の89万3500人となった。円安傾向が続き、訪日旅行の需要が増加。海外からの航空路線網が拡充し、クルーズ船の寄港回数も前年実績を上回って好調だった。

 国内客は5・1%増の616万2700人。格安航空会社の利用が堅調に推移しているほか、関西・福岡方面の増便や新規就航などで前年実績を上回った。