日本人2人が過激派組織「イスラム国」に拘束され殺害予告の動画が流れた事件は、犯行グループが示した「72時間」という交渉期限が過ぎても表だった動きがなく、23日午後11時現在、2人の安否は不明のままだ。

 拘束されているフリージャーナリストの後藤健二さん(47)は、日本を離れる2週間前に赤ちゃんが生まれたのだという。乳飲み子を置いて危険を承知で「イスラム国」の支配地域に行こうとしたのはなぜだろうか。

 今のところ、すべては推測の域を出ないが、後藤さんのこれまでの活動と今回の事件を通して、あらためて浮かび上がってきたのは、紛争地の子どもたちが置かれている過酷な現実である。

 イラクは、フセイン政権が倒れ戦争が終わっても宗派対立が深まるばかりで、政情は安定していない。隣のシリアは、アサド政権と反政府勢力の対立が激化し、内戦状態に陥った。

 その間に「イスラム国」がシリアとイラクにまたがる地域に勢力を拡大した。米国は昨年8月から「イスラム国」の軍事拠点への空爆を開始。これに反発する「イスラム国」は米国人捕虜の処刑映像をインターネットで流し、世界に衝撃を与えた。

 カオス(混とん)としかいいようのない暴力の連鎖。その最大の被害者は、その地域に住む何の罪もない住民、特に子どもや女性たちである。 私たちを助けてください-後藤さんが取材したビデオ映像は、住民の必死の叫びを拾い、生々しく伝えている。

    ■    ■

 キリスト教系のニュースサイト「クリスチャン・トゥデイ」は昨年5月、後藤さんにインタビューした。その内容がインターネット上に公開されている。

 「私が取材に訪れる場所=現場は、耐えがたい困難がある。けれどもその中で人々が暮らし、生活を営んでいる場所です」

 出口の見えないシリア危機。紛争の泥沼化、長期化で子どもたちの環境は悪化するばかりだという。日本ユニセフ協会は「720万人以上に緊急支援が必要です」と、シリア緊急募金への協力を呼びかけている。

 後藤さんはユニセフに協力し、講演などを通して紛争地域の子どもたちの厳しい現状を伝える活動を続けてきた。昨年3月の現地報告会で後藤さんは、シリアのアレッポの現状について「支援物資は滞っており、負傷者を治療するための医療物資や薬の不足が深刻な問題になっている」と語ったという。

    ■    ■

 後藤さんの母親の石堂順子さんは23日、日本外国特派員協会で会見し、「健二はイスラム国の敵ではありません」と述べ、早期釈放を求めた。

 紛争地域で非戦闘員を誘拐し殺害を予告して身代金を要求することは、どのような理由があっても正当化することはできない。ましてや日本は、イスラム国に直接攻撃をしかけた紛争当事国ではない。

 今はただ、後藤さんと、もう1人の人質である湯川遥菜さん(42)が無事釈放されるのを祈るばかりである。