第87回選抜高校野球大会(3月21日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が23日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開かれ、糸満が選ばれた。糸満は2011年夏以来2度目の甲子園で、春は初出場。沖縄県勢では13年の沖縄尚学、昨年の沖尚と美里工業に続き、3年連続の選抜出場となる。

センバツ出場を決め、ガッツポーズで喜ぶ糸満高野球部の選手たち=23日午後、糸満市の同校(伊藤桃子撮影)

 糸満は機動力を生かし、昨年の秋季九州大会で準優勝した。初戦の佐賀学園を11安打11点の七回コールドで退けると、準々決勝の明豊(大分)、準決勝の神村学園(鹿児島)をともに延長で破った。決勝は九州学院(熊本)にサヨナラ負けしたが、先発のエース金城乃亜が七回まで二塁を踏ませない力投を見せ、互角の勝負を演じた。

■校歌歌いたい 糸満・上原忠監督の話 本当にうれしい。糸満高の校歌を甲子園で歌うのは生徒、卒業生、市民の願い。実現できるよう一生懸命、全力でプレーしたい。