【東京】中谷元防衛相は23日、表敬で防衛省を訪ねたケネディ駐日米大使と会談し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設について「早く移転できるよう全力で取り組んでいきたい」と説明した。ケネディ氏は「辺野古に関する日本政府の決意と前進をうれしく思う」と歓迎し、負担軽減に協力する考えを示した。

会談し、握手を交わすケネディ駐日米大使(左)と中谷防衛相=23日午後、防衛省

 ケネディ氏は「米側としても基地の軽減に向けて尽力をしていきたい。協力して連携を深めて、このプロセスを加速させたい」と、負担軽減と移設に協力する姿勢も示した。

 中谷氏は、米軍と自衛隊の共同訓練の活発化に触れ、「戦略的な協力が進んでいる。日本として海域を守ることが大事で日米同盟が抑止力になっている」と述べ、協力関係をさらに強化したいと述べた。