【石垣】石垣市と八重山トライアスロン協会は23日、レースコースや運営形態を見直すため昨年、大会を休止していた石垣島トライアスロン大会を今年は5月24日に行うと発表した。

 これまで同時開催だったワールドカップは実施せず、コースも従来の51・5キロからバイクを10キロ増やし61・5キロに設定した。

 スイムは人工ビーチ内を2周する1・5キロ、バイクは名蔵湾を通過し、崎枝半島を1周する50キロで、ランは起伏が続く10キロ。

 2月2日から日本トライアスロン連合のホームページで出場を受け付ける。定員はエイジ550人、3人一組のリレーが50組。総合男女、リレーの3位までと年代別男女1位、八重山郡民男女1位を表彰する。