県と県産業振興公社は、IT企業のアジア展開や他産業との連携を支援する事業の公募を始めた。認定されると、経費の助成や専門家の助言などを受けられる。公募説明会を17日午前10時から那覇市のタイムスビルで開く。公募期間は7月6日まで。

IT企業の海外展開支援事業をPRする渡久地政樹主査(右)と外間正樹主任=8日、沖縄タイムス社

 名称は「沖縄アジアITビジネス創出促進事業」。アジア展開や、国内外企業との業務連携によるビジネス創出、観光や農業といった他産業との連携を支援する。

 助成額の上限は3千万円で対象経費の3分の2を補助する。事前相談は7月4日まで受け付けている。

 県情報産業振興課の渡久地政樹主査と同公社の外間正樹主任は「多くの企業に利用してほしい」と話した。問い合わせは同公社、電話098(859)6239。