【名護】13日午後4時前、名護市瀬嵩に面した大浦湾が赤土で真っ赤に染まるのが確認された。この日は断続的に強い雨が降っていた。赤土は国道331号を挟んだ山手側から流出。上にはゴルフコースがある。

赤土が流出した大浦湾=13日午後4時前、名護市瀬嵩(読者提供)

 北部保健所によると、ゴルフコースでは建物の建設工事が今年3月まで予定され、県赤土等流出防止条例に基づく届け出があった。保健所は「流出元を確認し、必要なら指導したい」とした。

 目撃した市内の女性(38)は「よくこの道を通るが、こんなにくっきり赤土が見えたのは初めて。美しい大浦湾を守ってほしい」と話した。