沖縄の青い空、海を眺めながらこだわりの料理を楽しむことができるフードフェス「OKINAWA FOOD FLEA」(オキナワフードフレア)をご存知でしょうか?

2016年5月8日に宜野湾マリーナで開催されたOKINAWA FOOD FLEAの様子

北谷で人気の居酒屋「月と器」を経営しながらOKINAWA FOOD FLEAを主催する石井さん

情報発信の中心となっているOKINAWA FOOD FLEAのFacebookページ

人気の店舗は大行列に。お昼すぎには売り切れてしまう店舗も

料理人や生産者とのコミュニケーションも楽しめる魅力の一つ

2016年5月8日に宜野湾マリーナで開催されたOKINAWA FOOD FLEAの様子 北谷で人気の居酒屋「月と器」を経営しながらOKINAWA FOOD FLEAを主催する石井さん 情報発信の中心となっているOKINAWA FOOD FLEAのFacebookページ 人気の店舗は大行列に。お昼すぎには売り切れてしまう店舗も 料理人や生産者とのコミュニケーションも楽しめる魅力の一つ


 2014年8月にスタートし、約3カ月に一度開催されています。いまや集客は1万人を超え、沖縄を代表するイベントとして県内外から注目を集めています。オープン前から行列ができる人気ぶりで、厳選された飲食店を中心に、雑貨、野菜、洋服を販売する店舗が並び、子どもと参加できるワークショップや音楽ライブも楽しめます。

 多くのファンに支持されてるフェスですが、スポンサーもおらず、広告費もWEBサイトもありません。人気の秘密はどこにあるのでしょうか? イベントに懸ける思いや取り組みについて、“仕掛け人”である主催者の石井雄一郎さんにお話を聞きました。

■「正しい大人の在り方」を子供に示せるイベントにしていきたい

-イベントを通じてどんなメッセージを発信していますか

 「大人が楽しむ」というコンセプトでスタートしました。料理人やスタッフの本気の姿、そして参加者が目一杯楽しむ姿を子供たちがみることによって、大人ってカッコイイなと感じてくれるようなイベントにしたいと思って運営しています。回を重ねた今は、「正しい大人であるべき」という新しいコンセプトも加えました。


 大人って、子供にはいろいろとしつけをするのに、当の自分はできていないことが多いじゃないですか。例えばイベントでも、障がい者スペースに健常者が車を止めたり、ゴミを道に捨てたりする光景が見られます。子供に伝えることと矛盾している大人は、リスペクトされるはずがないと思うんです。子供は大人をみて育つわけで、やっぱりそこはかっこいい大人でいてほしい。

 OKINAWA FOOD FLEAでは、大人に気づいてもらうためにも開催しているというメッセージを、それとなく気づかせていく仕組みを作っていきたいと考えています。
 イベントをスタートさせたのは、食を通じて幸せを提供するためです。幸せの大きなサイクルを作りたかったですし、出店者も普段できないチャレンジの場にしてほしいという思いも詰まっています。出店者同士のコラボ商品も生まれ、実店舗がなくても出店をお願いしたりしています。夢を実現するきっかけになってくれたらうれしいです。


―情報発信はソーシャルメディアだけで、WEBサイトもありません。どのように周りを巻き込んで、1万人以上を集める大きなイベントに成長させたのでしょうか?

 出店者にどう共感してもらえるかをずっと意識して動いています。僕の考えや思いをしっかり伝えられるよう、密にコミュニケーションを取っているのは出店者の方々だけなんです。出店をお願いするお店も全部僕がセレクトしていますし、実際に足を運んで食事もしています。時間的にも財布的にも大変ですけど、やっぱり自分でその雰囲気をみないと、どんなお店なのかわからないじゃないですか。


 幸いにも、出店者が僕の考えに共感してくれて、お客さんにイベントのことを伝えてくれているんだと思います。SNSも使ってはいますけど、やっぱりリアルな口コミが重要です。スタッフからお客さんへと直接、情報が伝わり、どんどん輪が広がっているのではないかと思います。

 出店に関しては、来場者が1日中楽しめるように、ランチ、おやつ、ディナーと切り口を分けて選んでいます。1回目は開催地の北谷町を盛り上げたいという思いがあって、ハンバーガーの「ゴーディーズ」、創作料理の「スー・スー・スーン」、ビアバーの「ビアライゼ」など北谷のお店を中心に選びました。23店舗からスタートして、今は59店舗が参加しています。