7月10日投開票の参議院選挙では、憲法改正が争点の一つと言われている。自民、公明、おおさか維新などのいわゆる「改憲勢力」が、改憲発議に必要な3分の2の議席を獲得する可能性もあるといわれる。そこで、これらの党の改憲に関する主張を分析してみよう。