沖縄三越跡地で3月12日に開業する複合型観光商業施設「HAPINAHA(ハピナハ)」の2階に、アニメコスメショップをオープンすることになりました。
 弊社は玩具メーカーのバンダイ社が「ベルサイユのばら」「美少女戦士セーラームーン」など、日本のアニメキャラクターをモチーフにした化粧品ブランド「クレアボーテ」の海外販売の代理店をしています。

 香港や台湾、シンガポールに営業拠点を置き、大手量販店を中心に約千店舗で販売しています。年々、売り上げは伸びてきました。今後の資金需要に備え、沖縄振興開発金融公庫から融資を受けることもでき、事業拡大に弾みがつきました。

 実際に、海外で日本化粧品の市場・販路拡大の活動をしていて、アニメのキャラクターが日本を象徴するコンテンツだと実感しています。

 海外でも日本のアニメが数多く放映されてきました。海外の人たちにとっても、小さいころからテレビで見てきたヒーローやヒロインが化粧品という形で商品化され、懐かしさや憧れの気持ちを呼び起こしてくれます。

 男性がいつまでも男の子のように、女性も女の子なんですよね。アニメコスメが並んだ鏡台に座るのが楽しくなる。そんな乙女心をくすぐってくれる商品がいっぱいあります。

 キャラクターの存在感もさることながら、パッケージにもこだわっています。カラーバリエーションも多彩ですが、同じブラックでも濃淡をつけるなど、商品を選ぶ楽しみを演出しています。これからも豊富なラインアップを持つブランド商品をリリースする予定です。化粧品や雑貨という宝箱(枠)を飛び出し、新たなジャンルを創り上げたいと思っています。

 遊び心や豊かな感性から生まれた日本コスメやグッズ。それらをエンターテインメント性の高いHAPINAHAから発信していきます。観光客だけでなく、沖縄の人たちにも楽しんでもらえたらと期待しています。
(初出:2015年2月22日付沖縄タイムス経済面「オフィスの窓から」)